がんの主な原因|早めに改善したほうがいい高脂血症の症状|病院へ行って治そう

早めに改善したほうがいい高脂血症の症状|病院へ行って治そう

がんの主な原因

カウンセリング

どういう特徴があるのか

直腸がんとは、人間の臓器の中でも最も長いと言われている大腸の直腸に出来るがんの事です。トイレに行った時に、便に血が混ざっているなど、初期症状もあります。それ以外にも、便が細くなったり、下痢と便秘を繰り返すようになったりと、排便に特徴があります。ですので、少しでも毎日の排便におかしな点を感じましたら、一度病院に行って受診をするのも良いでしょう。直腸がんの治療は、その進行度合いによって変わってきます。手術や抗がん剤治療、放射線治療などが挙げられます。初期の段階であれば、内視鏡治療を行い、がんの部分を切除するといった治療も行います。直腸がんはやはり早期発見が大切になります。少しでも身体に異変を感じましたら、病院に行くようにしましょう。

日常生活で気を付ける事

直腸がんにならない為には、食生活に気を付けなくてはいけません。お酒の飲み過ぎや加工肉を食べすぎる事で発症しやすくなります。元々日本人には発症率の少ないがんで、欧米人に多いものではありましたが、近年食の欧米化が進み、日本人も直腸がんになりやすくなりました。特にお酒は、飲む量が増えるとそれだけリスクが高まりますので、十分に気を付けましょう。また、適度な運動も重要になります。運動は直腸がんに限らず、全てのがんにおいて気を付けなくてはいけません。運動不足になると、インシュリンの分泌が盛んになります。このインシュリンは、がん細胞にとって必要な栄養源となりますので、過剰分泌を避けなくてはいけません。日頃から運動不足だと感じる人は、是非毎日の生活に運動を取り入れましょう。